Information&Revue

Official site webmaster' s diary♪

ネオクラシック界屈指のDuoによる共演15周年記念アルバム リリース!

”The Ballad 古川展生×塩入俊哉”

balladblog
¥3,000
塩入俊哉Official Site よりご購入いただけます≫

朝刊より

180523

若き獅子たち
長野市エムウエーブで開催されたイベントでも聴かせていただきました。

Concert、DinnerShow パワフル&どこまでも繊細。
がつんと向かってくる強さとどこか危うく壊れやすさが見え隠れする奥深い声の表情。
いっぱいの素敵な歌声は記憶に刻まれています。。
ありがとうございました。
takako.

2018.7月29日sun
〜塩入俊哉 featuring 稲垣潤一 真夏のファンタジア in 秦野〜
タウンニュースホール5周年記念
ご案内のページ≫
会場:タウンニュースホール/神奈川県秦野市南矢名一丁目5-13 タウンニュースビル3F アクセス≫
開演:14:00/開場:13:30
料金:¥8,000/当日¥8,500
チケット: 5月21日(月)午前9時よりタウンニュースビル2F特設会場にて窓口先行販売開始。 (窓口購入の場合は席を選択できる)
電話での受付は同日正午より(窓口販売で終了する可能性もございます)
※未就学児のご入場はご同伴の場合でもお断りいたします。
※購入枚数上限は5枚とさせていただきます。また、ご購入の際、お名前・ご連絡先をいただいております。 予めご了承ください。
チケットお求め・お問い合せ:タウンニュース・エンターテイメント(株)TEL.0463-77-0025 秦野市南矢名1丁目5-13 タウンニュースビル2F

180729
希望なされる方々がみ〜んなゲットできますように
takako.

開幕です
5月19日(土)
松原健之 コンサートツアー2018 ご案内のページ≫
会場:神戸新聞 松方ホール/神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル4階 アクセス≫
開演:16:00/開場:15:30
料金:¥6,000 (全席指定) ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
お問い合わせナウウエストワン 075-252-5150 

ツアーは7月5日の札幌公演迄続きます。
6月 2日(土)
松原健之コンサートツアー2018 ご案内のページ≫
会場:磐田市民文化会館/静岡県磐田市二之宮東3-2
開演16:00/ 開場15:30
チケット料金:¥6,000(税込)/3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要
お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 静岡 054-284-9999
6月30日(土)
松原健之コンサートツアー2018 
会場:浅草公会堂/台東区浅草1-38-6
開演:16:30/開場:16:00 料金:¥6,000(全席指定tax in)未就学児入場不可
お問い合わせオデッセー: 03-5444-6966(平日11:00〜18:00)
7月 5日(木)
松原健之コンサートツアー2018
会場:わくわくホリデーホール/北海道札幌市中央区北1条西1丁目
開演:17:30/開場 17:00 
料金: \6,000(全席指定tax in)※未就学児入場不可
お問い合わせ:エーダッシュ :011-533-7711

たけしくん薔薇ももうすぐ開花
戴いて5年目背が伸びました(剪定していないとも言う
次世代はちゃんと育っています。 
180519_1180519_2

takako.
 

朝から雷が鳴ったり、陽が出ているのに雨がざ〜〜っと降ったり。
蒸し暑い。
変なお天気の今日

突然の訃報。
…言葉が出ませんでした。

心よりお悔み申し上げます。
ご冥福をお祈りいたします。

takako.

追記
5月18日(金)12時〜
徹子の部屋
追悼〜歌手・西城秀樹さんの出演回を振り返ります〜
素敵な秀樹サンを記憶に擦り込みたいです。

180514

昨日の大雨も上がり、今朝西の空に架かった虹

雨の中、@長野市芸術館
アキラさん'S アカデミー
童謡スペシャル withダイナマイトしゃかりきサ〜カス 唱歌と童謡を愛する会”女声コーラス”
スペシャルゲスト 米良美一
聴いて参りました

アキラ氏『長野ってあっと言う間に着くんですね(そーなんです。関東圏の皆様は何故か長野は遠いイメージをお持ち)そんなわけで日帰りですが(会場爆笑)』等、軽妙なMC。
アキラさん独自の楽曲解釈に頷いたり学んだり、昭和歌謡のメドレーも聴きごたえがありました。
ご自身はピアノ演奏直後の大きなジェスチャー、司会進行も兼ねた絶妙なMC、と個性が前面に出る流れに
演奏では完全サポート役。良い意味で目だたないのです。
ピアノの音色は弾きこまれた感の密なメロディが滑らかで柔らかい。
ふわっとした温か味には緻密な音数が敷かれている。惹かれるわぁ
米良さん、アカペラのグループ、合唱団、とリーダーシップが変わっていって、進行を任せているカンジ。
その両者のバランス=和がとっても優しい時間を作ってくださいました。

アキラ氏『終了時間はとっくに過ぎているのですが…』『Encoreは袖に退けると時間がかかりますのでこのまま(ステージ上)』など心配りを感じ、会場のお子さんもステージに上がったり、楽曲を掘り下げて興味を引く演出他、素敵な思い出となったことでしょう。
米良さんの童謡も聴き入りました。お子様も多く、でも大人の方が聴き入っていたかもしれません。記憶と結びつくから。
『昔の歌は昔じゃないんです』アキラさんのその言葉が印象に残っています。
昨日聴いた子どもたちに米良さんの歌声や曲が今の記憶に残ることを願っています。ここからが始まりになる。
アキラさんの楽曲解釈もふとした日常を切り取った歌詞にはかなーり昔でも普遍の感情が流れていることを知らせ未来への眼差しがあると気付いたのでした。
米良さんは童謡を多く歌われました
カウンターテナーの歌声、フツーの歌声、両方を聴かせていただきうるうる。
MCも毒舌も復活。
これからも素敵な声をいっぱいいっぱい届けていただきたいです!

今朝、小学生達と見た虹が記憶の片隅にちょこっとでも残りますよ〜〜に。
takako.

↑このページのトップヘ