0621blog
塩入俊哉 Piano ソロアルバム「月華」
2019.6月21日fri.リリース!

収録曲
〔襪隼の向こう∈の時に小組曲1番し邯デ鯡觜
Ε屮薀奪バカラГ瓩阿螳い天と地のレクイエム約束

aquarelle records AQCD-0028 ¥2,500(tax in)


コントラバスMr.Bassman!齋藤順さんの活動をご紹介します!
コントラバス奏者のレジェンド8人による「オジコン!」発足
アートにエールを!東京プロジェクト
曲は、アメイジンググレイスです!
”Mr.Bassman!齋藤順の呼びかけで集まった、の呼びかけで集まった、日本クラシック界を代表するコントラバスのレジェンドたちによるアンサンブル「オジコン」。
メンバーは、石川滋、斎藤輝彦、黒木岩寿、吉田秀、赤池光治、石川浩之、山本修、そして齋藤順。
スマホ操作に慣れていない「オジさん」たちが、初めての在宅テレワーク演奏に挑戦した楽曲は「アメイジンググレイス」。
普段は縁の下でオーケストラを支えているコントラバス奏者たちから、縁の下で社会を支えている医療従事者やスーパーの店員さんたちなどへエールを送ると同時に、新型コロナで亡くなった方への鎮魂の意味も込めて動画を制作しました。”

どうぞご覧になってください。
奏者、山本修氏のバック、”来セも来世もカープ命”の文字が
ひじょーにきになるきになる

takako.

2020.6月27日sat 15:00〜16:40頃
塩入俊哉 featuring 稲垣潤一
〜チェリスト古川展生を迎えて 「夏めく風に想いを…」
出演:塩入俊哉(pf)稲垣潤一(vo)
ゲスト:古川展生(vc)
Program
1.夢のしずく/
2.あの頃のままで/

3.Otonal/ 
4.Tokyo3.a.m./ 
5.リベルタンゴ/ 

6.荒城の月 /

7.君、/  
8.楽園伝説/ 

9.日暮山/  
10.もうひとつの夏/  
11.生まれる前にあなたと/  
12.クリスマスキャロルの頃には/  

13.UP TO YOU/  
14.1・2・3/ 
15.夏のクラクション/  

16.AVE MARIA/ 

200627

続きを読む

これからのパーキングは悠々駐車できるのね(笑)
準備完了。

200625_1

そういえば蝉も程よい距離感を保って脱皮している。
真夏へ準備完了

36BEC113-BD64-4BDE-A15B-D1FA57CB9273

takako.

2020.6.27.sat.15:00 配信スタート
塩入俊哉 featuring 稲垣潤一
〜チェリスト古川展生を迎えて 「夏めく風に想いを…」
 ご案内のページ≫
※2020配信スぺシャルライブ 京都ライブスポットRAG≫
「悲しみを癒すピアニスト」塩入俊哉が、
「輝き続けるSilkyVoice」稲垣潤一をフィーチャーしての初めての配信ライブ。
今回は日本を代表するチェリスト 古川展生を迎えてのスペシャルver.でお届けします。
塩入のソロアルバム曲や、 羽生結弦選手とのコラボ曲、古川とのピアソラ等をお聞きいただき、
そしてSilkyVoice稲垣潤一とのアコースティックサウンドを心ゆくまで。
夏の初めにふさわしい“爽やかさと熱さ”を兼ね備えた世界をお楽しみください。
出演:塩入俊哉(pf)/稲垣潤一(vo)
ゲスト:古川展生(vc)
時間:15:00スタート(約90分)/開場:14:50
料金:¥4,000(税込価格))※アーカイブ視聴で7月4日までご覧いただけます。
お問い合わせ:Live Spot 京都RAG 075-241-0446
200627
自粛生活は田舎ではほぼ日常と変わらず。都会へ遠出しないのみ。
その平穏な日々に浸かっていましたら、ライブ感覚がすっかり遠のいてしまった。ものぐさtakako.になってしまった
実感が湧かない中、今、Blogを書くことがテンションアップにつながっていると感じます
チラシも大きな存在大事。
コメントも嬉しい。見ていてくださる方がおいでる。
Blogは続けよう

ほんっとに聴かれるのよね、
ピアノソロ
ライブ!!
わぁい!
PCにBOSEのミニステ接続しまあす。
少しでも良い音で聞かれますように
takako.

2020.6月22日

Happy birthday

Cher
 TOSHIYA.SHIOIRI. 塩入俊哉 様


Je vous souhaite un

Joyeux Anniversaire.Vive les 
ぱんぱかぱ〜〜〜ん
 60 
ans!


le 22 juin 2020
新型コロナウイルス感染拡大の影響で全てがマヒしてしまったような令和2年前半でした。動きはじめ出した今、音楽活動がどのような形であれ、息を吹き返し勢いが戻るよう祈っております。
60歳をお祝い(blogでね)!
皆様そしてワタクシが(笑)生きていること、うれしい。
同じ時代を過ごしてこられた幸せに感謝です。
takako.

↑このページのトップヘ