アルバム情報 etc
◇2016.11.02『やわらかい心』杉田二郎
◇2015.9.23.『ことづて』因幡晃
◇2015.6.3.『リチャードギアにはなれないけれど/今度生まれたら』因幡晃
◇2014.3.11.『いにしえの彼方から』齋藤順
◇2014.2.19.『指も髪も唇も』クミコ 
◇2014.3.19 『Gentle Souls ジェントル ソウルズ』古川展生 ×塩入俊哉Sony Music Shop
◇2013.11.『i-voce』小松崎いつ子 ≫ 小松崎いつ子HP
◇2012.11.20. 『Fantasia』/saya ご予約:塩入俊哉Official site
◇2012.8.06 『ピアソラ新基準 古川展生×塩入俊哉』Live Album mail:aquarellerecords.com

7月18日リリース『smile』(by宮本笑里さん)はサイトで一部の曲が視聴が可能。

あ〜〜!【アヴェ・マリア】&【第三の男】も視聴可になっていました
当初は2曲くらいでしたのよ。嬉しい!
オトフレームを曲毎に張ります↓是非、お聴きになっていただきたく。
(※動作確認はWinのOSのみです)








アヴェ・マリア♪では塩入さんのピアノ&宮本さんのオーボエも共演してる。
今まで聴かせていただいたアヴェ・マリアとうわぁあ感じが違う。
(一部しか聴かれませんので判りませんが)
笑里さんのヴァイオリンは優雅に謳いオーボエが緻密なシルク手編みのフリルを添え、
ピアノはしなやかに曲の調べを包み上げ神聖な域へと昇華させる。

必ず塩入さんのアレンジマジックが聴かれ、活かされているわ(*^^*)
待ち遠しい
   takako.

大村さんのブログに“ショートムービーの監督、toshiが撮ってくれた映像アップしました!”の記事が。
管理人大喜び早速ご紹介させていただきます。


先日、6月12日恵比寿天窓.switchでの貴重なライヴ映像。
後日評がとても良かった曲、
【GIRL〜to keiko】♪(『Elf and Dwarf and Girl』のテーマソング)です。

toshi監督撮影の映像です。↓



『Elf and Dwarf and Girl』ショートムービーもご覧になっていただいたいと。
http://www.youtube.com/watch?v=FYbuz0ZfYQw≫



〜Review〜
シンガー大村さんをシャイな角度からがっつり捕らえた映像が素敵です。
カメラは大村さんを離さず。私は画面から眼をを放せず。
バラードの曲調にライトの光彩がメルヘン、ファンタジックな世界をより幻想的に味付けしてる。
アコースティックギターの存在も大きい、そして柔らかなソロがいまも耳に優しく甦る。少女のこころに戻れそう(^^♪
歌詞のもつ包容力、優しさ“そばにいるから”が心の中でリフレイン。“…よ”少しだけ♭気味に残る語尾の余韻の声にぞくぞく。その男性的なさりげない甘さは大人な女性の心を揺らすのね。

塩入さんのピアノ、鮮明なライヴの音色が嬉しい。ラスト、友情出演(*^^*)
絶え間のないピアノのしなやかで、変化がお洒落な音波と寄せる波の強弱、波形は音の縁取りをも綺麗に彩り、心に音の波紋をくっきりと描きつけていく。
幸せ
 takako.

追記
本館、塩入俊哉氏ファンサイトをマイナーモデルチェンジしました。
PCを見続け眼精疲労状態(^^ゞな私、タイミング的にもこの大村さんのライヴ映像が瞳に潤いを、癒しをもたらしてくださり、とても安らぎじーんときました。
眼にも優しい映像ってあるのですね。

本館サイトから情報を随時アップしていきたいと思いますので、宜しくお願い致しますm(__)m

ふと新聞のTV欄をみておりましたら。
NHK教育今夜23時からのトップランナー
http://www.nhk.or.jp/tr/≫
『文楽太夫・豊竹咲甫大夫』さん。

増田いずみさんのSTBのコンサートの時に少しだけ
聴いてました。全く知らずにいた世界でしたので
理解できないまま、終わってしまった記憶が。
でも、その時の迫真の語り口と表情、印象が濃く残っています。

見てみぃましょ
  takako.

カテゴリ:
ヴァイオリニスト、宮本笑里さんのデヴューアルバム『smile』のスペシャルサイトがオープン!
力が入っていますねp(^ー^* )q

スペシャルサイト≫
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/emirimiyamoto/index.html

笑里さんお綺麗な方で音色も優雅ぁ〜うっとりの私です。
大ヒットしますことを願いつつ☆*゚ ゜゚*☆*゚様々な情報が公開されており、ご活躍も強力。

さて
笑里さんのブログに、スコアが少し載って居りました。
手書き?なので、強弱標語が下に?なのかしら、見易いかもです(*^^*)
ぬくもりを想う丸々のおたまじゃくしがカワユイ!などど喜んで見たり、でも線が何本も串に刺さるオクターブの音は一瞬何?同時に音が読めません(^^ゞ難しいわぁ
そして
ヴァイオリンはピアノの片手では不可能な広範囲の和音が片手で奏でられるのね。
楽譜を見るのが好きですので、新発見いっぱいで楽しんじゃいました

難しい音譜を笑里さんはご自身の感性と音色でどのように構築していかれるのでしょう。
『smile』からも音楽感性と美しい音色が伝わってくることと楽しみに待っています。
   takako.

カテゴリ:
もう一年の折り返し地点へ突入です。
塩入氏、7月のコンサートサポート情報!

【7月21日(sat)レイ・ウノスケ】
レイ・ウノスケ Fantastic Summer Night

■Musicians:塩入俊哉(ピアノ&アレンジ)/菅原裕紀(パーカッション)他
■会場:京王プラザホテル4F『花』/ 新宿区西新宿2-2-1
■開場:18時/開演19:30
■料金:¥30,000
■お問い合わせ:ファンタスティックサマーナイト事務局 tel:03-3344-0256
        
【7月22日(sun)金城広子】
金城広子アニヴェルセール独唱会
『美しく燃え…見果てぬ夢へ』〜塩入俊哉プロデュース〜
スペシャルゲスト:古川展生(チェロ)
ゲスト:川波幸恵(バンドネオン)

■Musicians:金城広子(Vo)/竹下欣伸(bass)/岩井眞一(gt)/楯 直己(per)/塩入俊哉(pf)
■会場:狛江エコルマホール
    狛江市元和泉1-2-1(狛江市民ホール)/tel:03-3430-4106
■開場:16時30分/開演:17時
■チケット:¥3,800(tax in) 全席自由
■お問い合わせ:金城広子音楽事務所 tel:03-3369-7906



−徒然なるがままに−

紫色のお花が溢れる六月の風景。
紫は最も高貴な色。“紫の上“は源氏物語光の君、光源氏の理想の女性。
優美で気品を備えた美しい女性を憶います。
そして古今和歌集の
【紫のひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞみる】(詠み人しらず)を。
紫=紫草は白い花を咲かせる。でも根から紫色の染料を採り衣類を染めることができる。
貴方色に染めてくださるのね。
&紫草のお花(ひと)が一本咲くだけで野の草も全部好きという色に染まっちゃう!
……現代版takako.の意訳でした(^ー^* )
  takako.



このページのトップヘ

見出し画像
×