Information&Revue

Official site webmaster' s diary♪

ネオクラシック界屈指のDuoによる共演15周年記念アルバム リリース!

”The Ballad 古川展生×塩入俊哉”

balladblog
¥3,000
塩入俊哉Official Site よりご購入いただけます≫

明日6月22日(fri) よる21:54〜23:10テレビ朝日系列〔報道STATION〕の番組内で
『団塊世代が胸躍らせたフォークブーム…名曲【戦争を知らない子供たち】はこうして誕生した&伝説ジローズ熱唱シーン』
杉田二郎【戦争を知らない子供たちとその時代】というスペシャルコーナーが放送されます。

5月19日東京厚生年金会館で開催されました
【杉田二郎コンサート『三回目の二十歳』〜前向きに倒れてみたい〜】
このコンサートの模様が放送されるかしら〜と期待中(*^^*)
いいえ、放送してちょーだいっ!( ̄人 ̄)♪と願うtakako.でした。

そして、6月29日(fri)20時よりwowowにて放送されます。!
詳細はこちらへ  wowow公式サイト≫

しゅっぱぁあーつっ!
denden3


おっとっと
denden1


おっとっとっと
denden2



昇ってごらん
ohisama070616

お日様が待ってるよー



でんでん虫は自分の荷物は自分で背負い歩みゆく。
どんなに辛い重荷でも落とさず、心軽やか一途に歩みゆく。

見上げる力を持ち、顔を上げればお日様の笑顔が待ってることを知ってる。


まさごろさんのライヴを初めて聴きました。
次の出演者の皆さんのセットがステージ上にあり、下手の位置にて、ピアノでの弾き語りライヴでした。ソロなのにね。少しお気の毒かなと聴いていました。
でも、
ライヴでは彼女の位置がセンターになってた。
屈伸運動と見間違う、カラダを180度曲げての“ありがとう”のご挨拶は驚きと、“こちらこそありがとう”と無言での温かな挨拶を交わしていた。

歌詞の意味とまさごろさんの想い、私には正直、理解不能。
ただ、ピアノが鳴っていた。活き活きと謳っていた。
狂気に叫び、わめくピアノの音に、狂ってはいない、正確なスコアを読み取れた。

私、彼女のピアノの音、ちょっと好きかもしれない
  takako.

P.S. 何故まさごろさんとでんでん虫?
でんでん虫には紫陽花がお似合い。ライヴの時、まさごろさんが被られていたキャップ?お帽子が紫陽花のイメージと見たの。発見したでんでん虫を観察していましたらまさごろさんを思い、触角もまさごろさんの腕に見えてた。
でんでん虫が縦に昇っていく行動が珍しく、しかも殻が左巻き!(殆ど右巻きなの)ラッキー!?って嬉しくなっちゃいました。
良い事が、皆様に在りますように。(^人^) 

恵比寿、パーキングチケットに打たれた数字は既に18時を廻っていた。
からくり時計に間に合わなかったわぁとちょっぴり残念。でも心はうきうき。
空気が暑い。不似合いな長袖スタイルの私。即、恵比寿三越へgo!
現地調達の半袖、麻のブラウスジャケットは夕刻のささやかな涼しい風が優しく通りぬけ、涼風に揺られ青葉の息吹が薫ってくる。
この自然の無為の有り難さに感謝の気持ちが6月の異称、涼暮月なのね。
空を覆うほどの瑞々しい葉、濃緑が初々しい葉っぱに、夕暮れの陽の光が透かし、薄緑と鮮やかな濃淡を描き、輝く色のグラデーション。葉と葉の間からこぼれるこの光がこの上なく神聖と感じる。

其の先に残光が強く射す、目指す道標があった。

恵比寿天窓switch 大村波彦『ライヴ』
 大村波彦:ヴォーカル アコースティックギター ハーモニカ 
 塩入俊哉:ピアノ&ピアニカ

−set List−
opening
1. 命
2. メリーゴーランド
3. GIRL(ショートムービーのエンディング曲)
4. 奔れ!トゥクトゥク!!
5. ノーギャラ
6. メロディ
7. ライフッフッフ
encore
ドリームR&Rパワー2006

〜 Review〜
大村さん濃いネイビーかしら?のジャケット、インは黒のTシャツ。ハンチング帽を被られ、ジーンズの裾を折られているスタイル、チョイ悪ね。
スタイルにアコースティックギター(私は大好き)がお似合い。塩入さんは黒の上下。
大村さんの前がチャイニーズの音楽と御衣裳でしたので、アダルトで、ナイトなシーンへ激変。
…でもムーディじゃなかった。

ソウル!
オープニング、命♪
ステージに一縷のシルクの音光線が走る、煌めくピアノのイントロ。
音光線は大村さんを確実に捉え満遍なく注ぎ込む。
ハーモニカが哭く。時代の流れの如く動き激流を見せるピアノにアコギの弦がよどみをかけたり時にはしゃがれ、かき鳴らし、歌は激流に身を投げるかと思う程吠え続ける。

今日の命♪は違っていた。強烈。ソウルが絶唱してる。大村さんの熱情が私の瞬きを妨げ、歌詞に吸い込ませ離さない。歌詞にある生き様ががんがん攻めてくる。たるんだ世の中に警鐘をならす。精一杯の主張を言い切りすっぱりと終わりを告げた。
絶唱の「命」♪
大村のライブへようこそ、じゃない これが大村のライヴ、ステージだ。と言わんばかりの存在感に
ノックアウトの鐘が鳴り響いた。
 読んでいただければ≫続きを読む

雷さまが超元気なこの頃。
カエルの鳴声が一斉に賑やかになり、ピタリと鎮まれば雨の激しい音。
雨音は正確に刻むティンパニのリズム音にも聞こえますが、突然の雷鳴は怖い!
閃光と同時に銅鑼とシンバルが天上から急降下、空中でぶつかり裂けるが如くの
バリバリ音から、ずっしぃいーーんの地響きで着地。
ものすごいエネルギーの結集ですよね。
天には不安定な大気をタクトで操る激情型指揮者が棲んでいるわ。
塩入さんはどのような指揮で音色を導き、音楽世界を創られるのでしょう(*^^*)

皆様安泰にてお過ごしでしょうか。
今日は暦の上で入梅。6月も第三週を迎えました。

今週は『大村波彦week!』です。

【6月11日(Mon)26:00〜26:30オンエア】
■毎週月曜日深夜2時から放映中のTVTOKYO『のぞき屋』に本日ご出演です。
第11話〜追憶の周波数〜
 公式HP≫http://www.tv-tokyo.co.jp/nozokiya/


【6月12日(Tue)ライヴ】
大村波彦ライヴ!
ピアノ:塩入俊哉
■出演者:大村波彦/香港華隊管弦楽団/つだ♀まさごろ
   (※大村氏は3番目、21時頃〜ご出演の予定とのことです。
     千恵さんより情報いただきました^^vありがとうございます。)
■会場:恵比寿天窓.switch
    http://www.otonami.com/ebisu/schedule/0706.htm≫
    渋谷区恵比寿ATO-Build.B1F 3-28-4(JR恵比寿駅より徒歩10分)
■Open:18時30分
■Start:19時〜
■Charge:¥2,000(tax in)
■お問い合わせ:恵比寿天窓.switch 03-5795-1887
 
明日です!是非是非お出掛けくださいませ。


あんど
『あさひが丘の大統領』の再放送が毎日(変更あり)夜19時より放映中。

19歳ツッパリ小僧の大村くん、現年齢探偵役が謎めいてアダルトな大村氏、
そしてチョイ悪オヤジが格好良い、ヴォーカリストの大村さん。

翻弄されちゃいます(*^^*)
  takako.

このブログでもご紹介済みの、宮本文昭&笑里さん親子競演が話題のサッポロビール『ヱビス〈ザ・ホップ〉』での楽曲【第三の男】(Arrange:塩入俊哉)フルバージョンがCDで聴かれます。
Violinist 宮本笑里 miyamoto emiri さんのDebut Albumに収録。

■宮本笑里 デビューアルバム『smile』スマイル
■リリースday:2007.7月18日(wed)

関連記事です↓
毎日新聞記事≫

この楽曲は、ボーナストラックとして収録。そして元オーボエ奏者宮本文昭さんのレパートリー曲でCD化の要望が高かった【アヴェ・マリア】を、親子バージョンで、宮本氏引退前の貴重な最新録音での収録とのコメントもありました。
詳細は判り次第後日アップしたいです。

 わぁああ〜〜いっヽ(*^▽^*)ノ
   takako.

↑このページのトップヘ