松原健之、雪空に舞う紙風船に祈願「NHK紅白歌合戦狙います」
歌手、松原健之(たけし、37)が10日、秋田・仙北市で行われた冬祭り「紙風船上げ」に参加。
ヒット中の新曲「みちのく ふゆほたる」を透き通るようなクリスタルボイスで歌い上げた。
願い事を書いた全長約5メートルの巨大紙風船をホタルにたとえ、今は亡き愛する人への思いを込めた同曲。松原は「震災などで突然大切な人が亡くなり、心にぽっかり穴の空いた人も、この歌で癒やすことができれば」としみじみ。
「この歌に心を込めることを第一に、年末のNHK紅白歌合戦を狙います」と
雪空に舞う紙風船に“祈願”した。
geo17021105010008-p1

2017.2.11SANSPO.COMより写真も丸写しf(^_^;) エヘヘ・・
2016年の暮れのライブでお話なされたイベントですね。
真っ白な銀世界に紅の文字が映えます。
届きますように

吹雪の情景がココと同じゆえ(笑)寒さの度合いが予想できます。
背中に雪が積もっております。皆様風邪をひかれませぬよう
geo17021105010008-p2

takako.