座席に着いても夢見心地
は、現実でした(*^_^*)
image

昨年行かれなかった地元での2月公演以来、
達郎さんが申された「一年二ヶ月ぶり〜
こんなにも早く実現するとは思わず、待ち焦がれた幸せ幸せな一夜。
楽しめたことはもちろんですが。
この音楽空間をつくり上げていく達郎さんを筆頭に
メンバーの皆様の表情を垣間見、其々厳しい表情と申しますか、
妥協を許さない、演奏を突き詰めていく懸命な姿勢と意識を感じとり
身が引き締まりました。私も頑張らねばです
10人が創ってくださる纏まって包んでくれる柔らかな空間、また予想外な
曲でのアグレッシブな音色。層の厚い生の音に大満足です。

昨年秋に開催されたロフトライブの公演は、220人×2日に6万通の応募があったお話
…当たるハズはなかった(本人は当たる気満々でいた・笑)

でも
今回のツアーはなんと千秋楽が長野公演なのです〜〜きゃぁ〜〜〜
image

余談
免許証にて名前と顔写真のチェックを受けてからリストバンド(病院のを思い出し少しぎょっとしました・笑)を貰い、そして入場列に並ぶという大行列のホワイエ。
でも滞ることなく開演は時間通り。3時間15分ぶっ通しのステージも
超人です。
ありがとうございました

写真よりも文字の方が多いツアーパンフをゲット
開場一時間前よりグッズ販売開始なのですが、これまた外まで並んでいた大行列。ぎょ
あきらめかけましたが、入場してからの方が物販は意外に空いていて(会館入場も時間差ゆえに)
穴場時間です。

因みに。チケットと名前&顔写真チェックがあり、免許証を久々出しましたら、
なんと4年前
わぉ お髪が長いし、なんかイメージ違う。係りの男の子に見つめられてしまいました(笑)
千秋楽にはパスポートを持っていこうかしらん

全公演のご成功を祈っております

takako.