信毎webhttp://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180601/KT180531ETI090008000.php
寺内貫太郎一家のドラマは観たことがないワタクシです。
コラムを読み、食としての観点から、家族、団らん。
ほんと懐かしむのではなく、今観れば失ったものが見えてきて
人の縁を結ぶ共食の道筋が描いていかれれば。

追悼番組としてでは無い、オンエアを望みます。180601_1


180601_2
記事より
…大家族でにぎやかに食事する。
故西城秀樹さんが出演していた「寺内貫太郎一家」でおなじみの食の風景を懐かしがるばかりでは仕方ない。
長時間労働や貧困など社会問題を改善しつつ、人の縁を結ぶ新たな「共食」の道を探るほかない。
「子ども食堂」など地域に芽が幾つも育っている。


takako.