Information&Revue

Official site webmaster' s diary♪

カテゴリ: 音楽

HIDEKIさんお誕生日おめでとうございます

昨年の今頃のフォトです(^^ゞ
でも今日の空はブルースカイぶる〜〜〜
 image
今年はかた〜〜〜い蕾
takako.

 

古き良き伝統に触発されて誕生した松原健之の歌…演歌・歌謡曲の神髄に触れた思いhttp://www.sanspo.com/etc/news/20170212/amk17021205000001-n1.html
2月12日  
雪に埋もれた山道を抜けると、「ホタル」が舞っていた。小欄は初めて見た。
ポッ、ポッと明るく幻想的で心から感動した。
10日に秋田県仙北市で行われた冬の伝統行事「紙風船上げ」。
雪の降りしきる夜空に舞い上がる姿は、まさにホタルのようだった。
実際に見たり、テレビやYouTubeでご存じの方も多いかもしれない
JR角館駅から車で約50分。小高い山々に囲まれた西木町上桧木内(かみひのきない)の広場で、和紙で作られた全長10メートル前後の風船約100個が打ち上げられた。
表面には家内安全や合格祈願など願い事とともに、美人画や武者絵が描かれている。
灯油を染みこませた布玉を風船の底に固定。
火をつけると内側からホタルのように輝き、次々と浮かび上がっていく。100年以上の歴史があり、江戸時代の医者で発明家としても知られた平賀源内が、銅山の掘削技術指導に訪れた際、熱気球の原理を応用した遊びとして伝えたとされる。
その美しさに魅せられた作詞家、北村けいこ氏の書いた歌「みちのく ふゆほたる」が昨年11月、発売された。
歌うのは、作家、五木寛之氏が才能を見いだした歌手、松原健之(たけし)。
オリコンの演歌・歌謡ランキングで1位も獲得した。天国に旅立った愛する女性への断ち切れぬ思いを切々と歌いつつ、前向きな歌詞と透き通るような松原の歌声が心に響く。
今年の会場で披露した松原は「震災などで突然、大切な人を失うこともある咋今。心にポッカリ穴のあいた人に寄り添うように歌い続けたい」と誓った。古き良き伝統に触発されて誕生した歌が、さらに人々を癒やし続ける。改めて、演歌・歌謡曲の神髄に触れた思いだった。

(森岡真一郎)

SANSPO より勝手に拝借=丸写しいたしました。
記録しておきたく。スミマセン
 takako.

image

ヴァイオリン、クラリネット、ピアノのトリオって珍しいのではと聴きに行きました。
シェーンベルクや武満っぽい??カンジの現代的な音楽が楽しめました。
小菅さん以外は初めて。
どっぷりクラシックもやっぱり良い。
…ヴァイオリンのMr佐藤、ちらしよりイケメン音色もスリリング。
Clは柔らかくてあたたかい音。曲説(英語ゆえに小菅さん通訳)の一生懸命さに伝えたい気持ちが汲み取れる。
テクニックを持ってやはり演奏者の気が感じられることが必須。
素敵な時間でした。

追記
今、Eテレ(毎週なんとなく聴いている)でMr.武満の名前が出、Mr 柴田へ…日本人のアイデンティ〜〜
調性、不確定性、本日の音楽路線が繋がっている感覚。
takako.
 

松原健之、雪空に舞う紙風船に祈願「NHK紅白歌合戦狙います」
歌手、松原健之(たけし、37)が10日、秋田・仙北市で行われた冬祭り「紙風船上げ」に参加。
ヒット中の新曲「みちのく ふゆほたる」を透き通るようなクリスタルボイスで歌い上げた。
願い事を書いた全長約5メートルの巨大紙風船をホタルにたとえ、今は亡き愛する人への思いを込めた同曲。松原は「震災などで突然大切な人が亡くなり、心にぽっかり穴の空いた人も、この歌で癒やすことができれば」としみじみ。
「この歌に心を込めることを第一に、年末のNHK紅白歌合戦を狙います」と
雪空に舞う紙風船に“祈願”した。
geo17021105010008-p1

2017.2.11SANSPO.COMより写真も丸写しf(^_^;) エヘヘ・・
2016年の暮れのライブでお話なされたイベントですね。
真っ白な銀世界に紅の文字が映えます。
届きますように

吹雪の情景がココと同じゆえ(笑)寒さの度合いが予想できます。
背中に雪が積もっております。皆様風邪をひかれませぬよう
geo17021105010008-p2

takako.
 

本日2月11日(土)
BSプレミアム 23:15〜23:44
「AKB48 SHOW!」
山本彩&稲垣潤一Duet 「過ち」スタジオライブ!

再放送予定:2月12日(日) BSプレミアム:午前10時00分〜10時29分 

takako. 

↑このページのトップヘ