Information&Revue

Official site webmaster' s diary♪

カテゴリ: 日記

信毎webhttp://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180601/KT180531ETI090008000.php
寺内貫太郎一家のドラマは観たことがないワタクシです。
コラムを読み、食としての観点から、家族、団らん。
ほんと懐かしむのではなく、今観れば失ったものが見えてきて
人の縁を結ぶ共食の道筋が描いていかれれば。

追悼番組としてでは無い、オンエアを望みます。180601_1


180601_2
記事より
…大家族でにぎやかに食事する。
故西城秀樹さんが出演していた「寺内貫太郎一家」でおなじみの食の風景を懐かしがるばかりでは仕方ない。
長時間労働や貧困など社会問題を改善しつつ、人の縁を結ぶ新たな「共食」の道を探るほかない。
「子ども食堂」など地域に芽が幾つも育っている。


takako.

朝刊より

180523

若き獅子たち
長野市エムウエーブで開催されたイベントでも聴かせていただきました。

Concert、DinnerShow パワフル&どこまでも繊細。
がつんと向かってくる強さとどこか危うく壊れやすさが見え隠れする奥深い声の表情。
いっぱいの素敵な歌声は記憶に刻まれています。。
ありがとうございました。
takako.

朝から雷が鳴ったり、陽が出ているのに雨がざ〜〜っと降ったり。
蒸し暑い。
変なお天気の今日

突然の訃報。
…言葉が出ませんでした。

心よりお悔み申し上げます。
ご冥福をお祈りいたします。

takako.

追記
5月18日(金)12時〜
徹子の部屋
追悼〜歌手・西城秀樹さんの出演回を振り返ります〜
素敵な秀樹サンを記憶に擦り込みたいです。

杏の樹、開花宣言
180404_2
アンズの蕾がほころび始めました。

桜の開花は14日頃の予報です。
昨年は25日頃、梅、杏、桜が一斉に咲き大忙しの昨春でしたが、
今年は眺める余裕が持てそうです。

”世の中に
たえて桜のなかりせば
春の心はのどけからまし ” 在原業平

桜がいつ散ってしまうかとハラハラドキドキ??な気分、儚く散ってしまう詫びを
詠んでいると思われます。不安が先立つ春。

春はキライでした。
肌寒い日も多く天候も落ち着かず、花粉症も酷かった
子どもの頃は新年度の不安が多く、花にも目は行かず。
しだれ桜などはお寺やお墓で咲いていましたし(笑)姿自体コワかった(笑2)
近年でしょうね。春を愛でられるようになったのは。
それでも未だSNS等、
お花見、宴会の映像は違和感ありなワタクシです。
ネクラなのかも
子供時代、どことなく抱いていた春の憂鬱。
反面、その感情があったから
自分を奮い立たせたり、やる気を起こさせていたのかもしれません。
一生懸命前に向かう姿勢も不安や憂いが糧となっている場合もあったのですね。
浮き足立たせないようにともブレーキをかけてくれた。

今春の気温が先走ったこの暖かさに、桜の開花や他の花の開花が早まっても
野鳥は月日の流れを知っているのか。
ウグイスは未だ啼きません。例年通りと思われます。ブレーキをかけている。
今、のほほんと春を過ごしがちな自分を戒めてくれているよう。
平和ボケに警鐘を鳴らすウグイスの初啼きはいつかしらね。

気を引き締めて
新年度も頑張ってまいります。
180404_1

っと。
SNSに開花の写真アップしている自分。あはは そのうち宴会もあり??(予定無し^^;)
きっと
誰しも春の憂いは抱いていて
咲き誇る花や仲間との集いに癒されているのかも知れませんね(^^ゞ

己の中で憂いを消化できるゆとりは幸せ。
其々が持つ
春のお気に入り。どの曲をチョイスしましょうか。
takako.
追加
桜の開花、4月10日はムリっぽい。…残り物に福ある〜といいなの田舎より
chart-large

3月5日、オーブンレンジから煙りが立ってびっくり
壊れた
3月14日、テレビがいきなり電源落ちた。
再起不能

捏ねる音が頼りないなぁ〜〜からの結果
膨らまなかったパン生地
180327

3月26日、ホームベーカリーが壊れた。

集計
一ヶ月の間に電化製品が3つ壊れた弥生でした
こんな月も珍しい(笑)
PCとかでなく、ましかも

takako.

↑このページのトップヘ