Information&Revue

Official site webmaster' s diary♪

カテゴリ: 日記

こぼさじと抱く大樹かな???(笑)
三羽います
image

四羽に増えて。
image
 
三角関係かと思いきや、争っている様子もなく、女子会でしょうか(種と性別は謎)
もみじの樹に(ゆえに葉っぱもない)集まってくる鳥たち。近所のお庭の風景でした。

早朝は東山からうぐいす、きつつき、とびのさえずりが賑やかです
囀りに目が醒め、5時半あ〜〜お休みなのに〜〜っと思いつつも、起きてしまいます。
外気も気持ちよいですし、皆をどやして…いや、起こして散歩も楽しい
素敵な季節を満喫しましょう…草取りもせねば

さて。
県内でもブービー賞が取れるほど開花が遅かった桜。
GWまで桜のお花見が可能な今年。
同じ東山も、昼間はニンゲンのお喋りが賑やかでした(^^ゞ
image

image 

takako. 

空の高さよ 赤蜻蛉  
image


ならぬ
句碑の上にはしだれ桜
image

image

風景に感謝しつつお花見&美術館めぐり。鑑賞しました。

フランスの印象派の風景の写実性、自然の光が写り込む作品が何気に好きなのです。
takako. 

虹が
170419_1

 170419_2

まだまだ不安定な空模様ですが、晴れてくるのでしょうか。
桜もちらほら咲き始めたもよう。
杏も梅も桃も…一斉に咲き始める今年の春事情です(笑)

takako.

春の高山祭(山王祭)を見学してきました。
雨〜〜〜 も人間も(お店も)いっぱいいっぱい。でも歩きやすい街です。
あちらこちらに屋台があり、からくり人形が時間になると音楽とともに
動いていまして。なかなか面白かったです。
人人ひとゆえに、屋台の写真はこれのみ(汗)
170415_2

その前にモーニング
170415_1
 
コーヒーの酸味と苦味のバランスが私好み。とっても美味しゅうございました。
何気に添えられていたポテトサラダ、ピクルスのお味が効いていてこれはマネしたいわ。

ランチは、高山=飛騨牛=A5を食せねばと。
さいこ〜〜
170415_3

こも豆腐も歯ごたえがあり美味。 

170415_0

 170415_4
ゆずシャーベット
170415_5

こちらのお店にていただきました。ごちそうさまでした

午後はもちろんお茶タイム
170415_6


シフォンケーキがふわふわ大きい。たべごたえあり。
古民家を改造したオサレなお店。和式ゆえに靴をぬいで上がり、畳に座り、
とても落ち着けました。
コーヒーはサイフォンにも入っていて。いくぶん薄口と感じました。

フォトが何故か横向きになってしまい縦にできず・汗

食レポの高山でした・笑
takako. 

座席に着いても夢見心地
は、現実でした(*^_^*)
image

昨年行かれなかった地元での2月公演以来、
達郎さんが申された「一年二ヶ月ぶり〜
こんなにも早く実現するとは思わず、待ち焦がれた幸せ幸せな一夜。
楽しめたことはもちろんですが。
この音楽空間をつくり上げていく達郎さんを筆頭に
メンバーの皆様の表情を垣間見、其々厳しい表情と申しますか、
妥協を許さない、演奏を突き詰めていく懸命な姿勢と意識を感じとり
身が引き締まりました。私も頑張らねばです
10人が創ってくださる纏まって包んでくれる柔らかな空間、また予想外な
曲でのアグレッシブな音色。層の厚い生の音に大満足です。

昨年秋に開催されたロフトライブの公演は、220人×2日に6万通の応募があったお話
…当たるハズはなかった(本人は当たる気満々でいた・笑)

でも
今回のツアーはなんと千秋楽が長野公演なのです〜〜きゃぁ〜〜〜
image

余談
免許証にて名前と顔写真のチェックを受けてからリストバンド(病院のを思い出し少しぎょっとしました・笑)を貰い、そして入場列に並ぶという大行列のホワイエ。
でも滞ることなく開演は時間通り。3時間15分ぶっ通しのステージも
超人です。
ありがとうございました

写真よりも文字の方が多いツアーパンフをゲット
開場一時間前よりグッズ販売開始なのですが、これまた外まで並んでいた大行列。ぎょ
あきらめかけましたが、入場してからの方が物販は意外に空いていて(会館入場も時間差ゆえに)
穴場時間です。

因みに。チケットと名前&顔写真チェックがあり、免許証を久々出しましたら、
なんと4年前
わぉ お髪が長いし、なんかイメージ違う。係りの男の子に見つめられてしまいました(笑)
千秋楽にはパスポートを持っていこうかしらん

全公演のご成功を祈っております

takako. 

↑このページのトップヘ