Information&Revue

Official site webmaster' s diary♪

タグ:竹下欣伸

今日(10/7)はオケリハの後、金城広子さんのコンサートでした。
変わらぬ熱い歌声、磨きがかかった表現力
金城さんならではの楽しいトーク。
素敵なコンサートをたっぷり2時間半。

金城さんはあの島倉千代子さんとデビューを競ったというお方
今年で喜寿迎えられ77歳です。
荒波に揉まれながらも今こうして元気に歌ってくださっていて
嬉しい限りです。
〜67歳の時のアルバム「メランコリア」は今でも自分の自信作!
作詞に売野さん、五木寛之さんを迎え
オリジナルを全曲書き下ろしました。

今日はその時のレコーディングメンバーの楯君と竹下君と一緒に。
PAに長戸さん、照明に赤坂さん、録音で沖山君、調律を大友さんに。
心おきなく没頭出来ました。
STBの照明だった永井君も顔を出してくれたし
大阪のイベンターの増田さんもわざわざおいで下さり、、、
いい1日でした。
みんなありがとう!
140107

 

140320_1s
140320_2s
140320_3s

以上塩入さんより戴きました

以下は管理人が割り込みます。
因幡晃〜60ページ目のしおり〜
『特別な年がやってきた、私なりにやってきた。 たどり着いたら60の峰、還暦などとは抵抗あるが、 第二の人生、幕開きと思えばこれまた一興。 因幡 晃「歌物語/第二幕」、間もなく開演だよ。 因幡 晃』
出演:因幡 晃(vo,gt)/塩入俊哉(pf)/竹下欣伸(bass)/楯 直己(percussion,voice)
スイートベイジルSTB139
Show Time 19:30〜22:00(休憩15分)
続きを読む

金城広子の世界 Vol.5 2007.11.21(wed)
〜塩入俊哉プロデュース〜


■出演:金城広子(Vo)/塩入俊哉(Pf,Pianica)/竹下欣伸(コントラバス)
   /川波幸恵(バンドネオン)
■ゲスト:岩井眞一(Gt,コーラス,Bouzouki )

−Program−
第一部
ミロール:music C.Dumont
群 衆:words M.Rivgauche /music A.Cabral
カミニート:words G.C.Penaloza Minoru Shinmachi/music J.D.Filiberto
Yira Yira
La Vie (神様の贈り物):words 売野雅勇/music 塩入俊哉
道化師
待って
ジェラシー:music Gade

第二部
そよ風“やわらかな時間”:words 売野雅勇/music 塩入俊哉
キサス・キサス・キサス:with 岩井眞一
キエンセラ: with 岩井眞一
ヴァイアコンディオス:with 岩井眞一&竹下欣伸
木星の月:words 売野雅勇/music 塩入俊哉
ヴェネチアの夜:words 売野雅勇/music 塩入俊哉
メランコリア:words 売野雅勇/music 塩入俊哉
窓のない列車:words 売野雅勇/music 塩入俊哉
ふるさとの丘:words 五木寛之/music 塩入俊哉

encore
芭蕉布:words 吉川安一 *全員で合唱
追憶のオペラ:words 売野雅勇/music 塩入俊哉


売野雅勇&塩入俊哉、楽曲がたっくさん聴かれ大満足のProgramです(^ー^* )
(※words & music は管理人が記載しました。誤記もありますかと)

−Ravue−
オープニングはシャンソンのミロール♪
イントロの生演奏に英語のナレーションが重なりステージへの視線が集中&イメージが沸く。真っ暗の中まあるい虹色ライトが回転、ステージの幕を照らしだし主役登場のショウ&レヴューのスタートを想像。そして歌われる陽気な曲に拍手も弾みわくわく。
塩入さんプロデュースのコンサートはいつも、オープニングから仕掛け!?が用意されていますので、今回も遅刻厳禁コンサート。(全てのコンサートも遅刻はできませんが(*^-^)ゞ)
シーンも見え明るい曲が楽しい。
でもこのミロール♪おどけて歌うところにふっと深い哀しみを想い、金城さんの歌の表現に豊かな味わいを感じていた。

“ほっほっほっ(キイ高く腹筋必須)”とお笑いなる声が懐かしいわ。
パワフルなおばさまです。そして会場全部が温かな優しさのオーラで包まれていった。
ピアフの曲が続きます。群衆♪
続きを読む

オープニングのアペーロ♪からお独りお独りのソロが盛り込まれていました。
古川さんのソロ。
哀愁たっぷりなメロディがチェロの音域を引立たせロングな序奏。
遠山さんのギターの音にも耳を奪われつつ、そしてみなさんが加わってのアペーロは=哀愁の言葉そのもの丁寧にメロディが奏でられ、ベースがそしてアコーディオンも旋律をとり爽やかな感もプラス、音色が公演のタイトル『古川展生×塩入俊哉+竹下欣伸、遠山哲朗』を位置付けていた。
古川さんを筆頭に出演者のみなさまの演奏に酔いしれるであろう手応えを掴む。
『自分たちが演奏したい曲を選曲しました』と古川さんが申された今回のライヴ。さらに塩入さんの楽曲がたっくさん演奏されてファンのワタクシと致しましては
『古川展生クロスオーバーに於ける最強のクアルテット × 至福の選曲 + 贅沢、感激!』のライブでしたo(*^^*)o
(長過ぎますかしら?)※Programは9.20の記事へ
続きを読む

↑このページのトップヘ